株式会社ウェブクリエイト

運営:けんじょう社会保険労務士事務所

東京都豊島区東池袋4-21-1アウルタワー615

はじめに

労働者の派遣事業を行うためには、労働局への許可申請が必要です。 この許可申請をご自分で行う場合には、通常次のような手順が必要となります。

  1. 事前に労働局が行う「説明会」に出席
  2. 複数枚にわたる「申請書類」を作成し、かつ必要な「添付書類」の準備
  3. 労働局への「出頭及び申請手続」(複数回に及ぶことが多いです)

当然、書類の作成にあたっては、労働法関連の知識が必要で、時間と手間のかかる作業です。 このような許可申請を、労働法に精通した社会保険労務士が、経営者に代わって代行申請を行います。

現在ホームページリニューアル記念サービスとして、次の金額でサービスを提供中です。

労働者派遣事業の許可申請

80,000円 (税別)
※上記の他に法定費用(印紙等)が発生します。

労働者派遣事業についての詳細は、下記のボタンからどうぞ。

労働者派遣事業とは


社会保険労務士に依頼するメリット

労働者派遣事業の許可申請については、労働法に精通した国家資格者である「社会保険労務士」へ依頼することで、確実且つ迅速な対応を期待することができます。

さらには、これらの手続きに付随して労働保険関係の整備等を伴うことが多くあります。このようなケースにおいても、労働諸法令を専門とする社会保険労務士へ依頼するとスムーズに事が運びます。

経営者は本来の経営マネジメントに専念し、このような対応や手続きは、専門家へ依頼することが最善の解決策と思われます。

お気軽にお問い合わせください。

電話案内
電子メール問合せ

今週のニュース記事(労働者派遣)

2017年06月23日 02:45:19
総合人材サービスのパーソルグループ(テンプホールディングス株式会社 本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:水田正道)は、復興庁の「平成29年度 企業間専門人材派遣支援モデル事業」を運営することが決定いたしましたので、お知らせします。東日本大震災からの ...
and more »
2017年06月22日 02:18:09

マイナビニュース
事業所に正社員以外の労働者がいる労働組合について、労働者の種類別に「組合加入資格がある」割合をみると、「パートタイム労働者」は32.3%、「有期契約労働者」は35.6%、「派遣労働者」は11.1%、「嘱託労働者」は30.7%との結果に。産業別では、「医療、福祉」がどの労働 ...
3年前と比べた組合員数が「減少した」41.7%。組織拡大の取組対象として「パートタイム労働者」を最も重視する割合が上昇~平成28年「労働組合活動等に関する実態調査 ...日本の人事部 (プレスリリース)
all 4 news articles »

3件目以降のニュース記事は以下のボタンからどうぞ。

ニュース記事をもっと見る

↑ PAGE TOP